会長挨拶

 高梁商工会議所青年部は平成8年に98名の会員で設立して、本年で創立26年目を迎えます。私たちが地域社会で活動できるのも諸先輩方のご尽力の賜物と深く敬意を表する次第であります。
 
 我々の郷土である高梁市は令和2年の国勢調査で過去5年間、人口減少率が県内の市町 村で2番目に高く、とても深刻な問題となっております。それに伴い高梁 YEGも本年度38名スタートで、4年後の30周年までに21名が卒業予定と会員数の減少に歯止めがききません。これからの青年部活動は会に所属する(会員同士が共存共栄を図る)ことで、少しでも個々の商売が上手くいけば少人数になっても存続が可能で、活動することが出来ると考えます。
 
 そこで今年度のスローガンを“商売繁盛”として、先ずは商売につながることを行っていきたいと思います。商売につながるとは人の繋がりと考えます。青年部での人と人の繋がりを自社の商いに活かすことで利益が上がり、家族や従業員の生活を守っていけるのではないかと思います。その為に会員同士が利用できる、エンジェルタッチ活用率の向上、事業マッチングの構築、近隣地域へ会員企業の周知など、少しでも多くの人が繋がるようにコロナ禍でも出来ることを行ってまいります。
 
 会員の皆さん、一緒に YEG を活用して自社の商売を繁盛させ、綱領の最後にある地域の経 済的発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって豊かで住みよい郷土づくりに貢献しま しょう。そうすることで必ず、次世代に郷土を残し守っていけるのではないかと思います。
 

【基本指針】

1.会員同士が共存共栄を図ることで会員企業の発展を目指す
2.人の繋がりを大切にし、地域の経済的発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって 豊かで住みよい郷土づくりに貢献していく